卵殻膜とは卵の殻の内側にある薄い皮のこと。

卵殻膜を使ったオールインワン化粧品の効果とは

中国の民間療法では何百年も昔から『卵殻膜を傷口に貼ると早く治る』として治療に使われてきました。そんな卵殻膜が持つ再生力を化粧品に応用したのが卵殻膜化粧品。高いエイジングケア効果が世界から注目を集めています。

卵殻膜を使ったオールインワン化粧品の効果は?

卵殻膜化粧品はこんな肌悩みに効果的!

卵殻膜 オールインワン 化粧品 効果

卵殻膜化粧品は下記のような肌悩みに効果的です。

  • 加齢とともに乾燥肌になってきた
  • 以前は違ったのに敏感肌ぎみになってきた
  • 肌のハリ弾力が衰えてきた
  • ほうれい線ができてきた
  • シミができやすくなってきた
  • 日焼けのあとが取れにくくなってきた
  • 肌の傷やニキビ跡などが元に戻りにくくなってきた

このような肌悩みは、加齢とともに肌の再生力や修復力が低下してきたか、あるいはもともと弱いかのどちらかの可能性が高いです。

以前はそんなことなかったのに、加齢とともに・・・という方は、年齢による肌の衰えが原因のためシミ・シワ・乾燥などが全体的に気になっているはず。

シミだけ・シワだけ・乾燥だけなどといった単独の肌悩みではなく、色々な肌悩みが複合的に気になる方は、ピンポイントの効果を謳う商品よりも衰えた肌機能を底上げする卵殻膜化粧品がおすすめです。

卵殻膜化粧品の魅力とは?

卵殻膜化粧品の人気のヒミツは、卵殻膜が持つ再生力と修復力。再生力と修復力が高い肌は、紫外線などのダメージを受けてもシミやシワができにくいです。

一般的に肌の再生力や修復力は加齢とともに低下するため、40代以降の年齢肌には卵殻膜化粧品がおすすめ。20代や30代の若い方でも乾燥肌や敏感肌の方は再生力や修復力が弱く、卵殻膜化粧品の効果を実感しやすいです。

また、どの年代の方でも老化を遅らせたい方に卵殻膜化粧品はおすすめ。20代から70代まで、幅広い年齢層から支持されるのが卵殻膜化粧品です。

具体的には次のような肌悩みの方が効果を実感しやすいです。

  • 乾燥肌
  • 敏感肌
  • 小ジワ
  • シワ・タルミ
  • ほうれい線
  • くすみ
  • シミ対策

これらの肌悩みがある人は、一度卵殻膜化粧品を試してみる価値があるでしょう。

卵殻膜には18種類のアミノ酸の他、コラーゲン・ヒアルロン酸・プロテオグリカンなどの優秀な美容成分が、自然な形で豊富に含まれています。卵殻膜成分を、化粧品に配合できる形にしたのが加水分解卵殻膜。

人工的に作られた成分よりも人間の肌になじみやすく、美肌効果が高いと言われています。

乾燥肌・敏感肌に効果的

加水分解卵殻膜にはセラミド生成を促進する作用があり、乾燥肌・敏感肌に効果的です。

乾燥肌や敏感肌の特徴は、肌のバリア機能の役割をするセラミドが少ないこと。肌の最も重要な保湿成分であるセラミドが少ないと、肌の中にある水分が蒸発して乾燥肌になってしまいます。

また、セラミドが少ない肌はバリア機能が低下し、外界からの有害物質が侵入しやすくなるため敏感肌になってしまいます。

重要な保湿成分であるセラミドが減少する原因

  • 加齢
  • クレンジングや洗顔による刺激
  • 睡眠不足

卵殻膜化粧品にはセラミドの生成を促進する作用があり、肌自らセラミドを作り出すチカラを取り戻す効果があります。

シワ対策に効果的

卵殻膜化粧品に含まれる加水分解卵殻膜には、肌のコラーゲン生成を促進しハリ弾力を高める効果があります。

肌のハリ弾力を保っているのは、真皮組織を構成しているコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸。加齢や紫外線などの原因でこれらの成分が減少すると、肌のハリが保てなくなりシワやタルミができてしまいます。

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の減少の大きな要因は、加齢とともにこれらの成分を生産する役割を持つ『線維芽細胞』の数が減少すること。しかも、減少するだけでなくその働きも弱くなるため、いったんシワやタルミができ始めるとどんどん増えててしまいます。

加水分解卵殻膜には、そんな線維芽細胞の数を1日2倍ずつ増殖させる効果が認められています。そして、加水分解卵殻膜には赤ちゃんの肌に最も多く含まれるⅢ型コラーゲンを生み出す効果があることが認められています。

加齢とともに減少していく線維芽細胞を増やし、その働きを促進してコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の量をアップ。シワたるみが気になる年齢肌に、ピンとしたハリを取り戻してくれます。

シミ対策に効果的

加水分解卵殻膜に含まれる18種類のアミノ酸の1つが『シスチン』で、全体の15.8%という高比率で含まれています。

このシスチンは体内でL-システインという美白成分に変わる成分で、よく美白サプリメントに配合されています。L-システインにはシミやソバカスの原因になるメラニンの生成を抑制する効果と、肌のターンオーバーを促進してメラニンを早く追い出す効果があります。

また、セラミド増加によりバリア機能がアップすることは、乾燥肌や敏感肌に効果的なだけでなく、シミになりにくい肌に。卵殻膜化粧品には、肌の透明感を引き出す効果に優れています。

卵殻膜化粧品はオールインワンが人気

卵殻膜化粧品を使ってみたい方におすすめなのが、卵殻膜成分配合のオールインワン。

オールインワン化粧品なら、1つだけで化粧水・美容液・乳液などが全部できるからお手入れラクラク。しかも、ライン使いのように複数アイテムを揃える必要がないため、卵殻膜成分のような高級成分が配合されてても結果的にコスパがよくなるのも嬉しいところ。

卵殻膜成分配合のオールインワン化粧品は数少ないですが、後ほどおすすめ商品をご紹介します。

卵殻膜と一緒に使いたい美容成分は何?

セラミド

卵殻膜 オールインワン 化粧品 効果

卵殻膜と一緒に使いたい美容成分と言えばセラミドです。

セラミドは角質層にある保湿成分の半分を占める重要な美容成分。セラミドが不足すると、ちょっと空気が乾燥するだけでも肌の水分が空気中へ蒸発して乾燥肌になってしまいます。

逆に、セラミドがしっかりと備わっている肌は、砂漠へ行っても乾燥しないほど潤っていると言われています。セラミドはそれほど重要な美容成分。

肌のバリア機能が強化されることで、乾燥肌・敏感肌・小ジワに効果的なのはもちろんのこと、シミやシワの予防にも繋がります。卵殻膜には肌自身のセラミド生成機能を高める効果もありますが、補助的にセラミドを一緒に使うと更に効果がアップします。

コラーゲン

卵殻膜には赤ちゃんの肌に多いⅢ型コラーゲンを増やす効果がありますが、これは肌のハリ弾力を高めるための作用。年齢肌によるシワ・たるみに効果的な重要な作用です。

ここで言う卵殻膜と一緒に使いたいコラーゲンは、保湿成分としてのコラーゲン。肌の表面に薄い膜を作り水分蒸発を防ぐ効果があります。

セラミドが角質層全体の保湿をするのに対し、コラーゲンは角質層の1番上の表面を保湿します。これにより、卵殻膜やセラミドによる保湿効果が更にアップ。ぜひ一緒に使いたい美容成分です。

スクワラン

スクワランは人間の皮脂に最も近いと言われる保湿成分。そのため他のどのオイルよりもヒトの肌になじみやすいと言われています。

皮脂分泌が少ない肌は、水分が蒸発しやすく乾燥肌になりやすいです。皮脂がもともと少ない方や加齢で皮脂分泌が減少ぎみの方は、皮脂の代用としてスクワランを補うと肌の水分が守られ乾燥しにくくなります。

卵殻膜成分と一緒に使えば、相乗効果で保湿力が更にアップする成分と言えます。特にオールインワン化粧品は使用感がさっぱりめの商品が多いため、卵殻膜成分と一緒にスクワランが入っていれば乾燥感や物足りなさを感じにくくなり、使用感もよくなるでしょう。

卵殻膜が成分に含まれた化粧品を使う時の注意点

卵殻膜は卵アレルギーの人でも使えるって本当?

卵殻膜 オールインワン 化粧品 効果

卵殻膜化粧品はエイジングケア効果が高くて魅力的。でも、卵由来の成分ということは、卵アレルギーの人は使ってはいけないのでしょうか。

実は、一般的には卵アレルギーの人でも卵殻膜商品を使っても問題ないと言われています。卵アレルギーの原因となるのは、卵白に含まれるオボアルブミン・オボムコイド・リゾチームといった成分であり、卵殻膜に含まれる成分ではないからです。

つまり、卵アレルギーの原因は卵白であり、卵殻膜ではないということ。そのため、一見卵アレルギーの方にはタブーと思われがちな卵殻膜ですが、一般的には卵アレルギーの人でも卵殻膜化粧品や卵殻膜サプリメントなどを使っても問題ないとされています。

卵アレルギーの人は注意書きをよく読む!

基本的には卵アレルギーの人が卵殻膜化粧品を使っても問題ないとされていますが、商品によっては使用を控えるような注意書きが書かれているものもあります。

卵殻膜と卵白は別物ですが、卵の殻の中ではずっと接触している部分のため、絶対にアレルギーが出ないとは言いきれないこともあるからのようです。ですが、それはそれぞれの商品のコンセプトや製造方法によって異なるため一概には言えません。

アレルギーを起こしやすい卵白の成分の影響は完全に受けないよう商品化されているものもあります。また、実際にはほぼ影響がなくても万が一のことを考えて使用を控えるよう促しているメーカーもあります。つまり、卵アレルギーの人でも使えるか使えないかは商品によって異なるということ。

その商品紹介ページに卵アレルギーの人は使用を控えるような注意書きがあれば、念のため使用しない方がよいでしょう。何も書いていなければ、基本的には使用しても問題ないと言えます。

どの程度のアレルギーかによる部分もあるため、もし不安が残るようならかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

卵殻膜を使ったオールインワンのオススメセレクト

ライゼ(REISE)エッセンス・セラム乳液

研究から生れた新感覚乳液!卵殻膜セラミドが応えるスキンケア。肌が求めている美容成分を厳選配合!

定価:5,200円

ライゼ(REISE)エッセンス・セラム乳液のお得な購入方法と価格比較はこちら

卵殻膜 オールインワン 化粧品 効果