年齢肌を若返らせるためのアンチエイジング成分として今、大注目されている幹細胞美容液。

幹細胞美容液は肌にどんな効果をもたらすの?メリットとデメリットとは

加齢に伴うシワ・たるみ・乾燥肌などの肌悩みに対し、従来のような与えるだけのスキンケアではなく、もっと根本的な部分からのアンチエイジング効果が期待できる、革新的なコスメです。そんな美肌のための救世主『幹細胞美容液』について、詳しくご紹介していきます。

幹細胞美容液は肌にどんな効果をもたらすの?

幹細胞美容液は、こんな肌悩みに効果的

幹細胞美容液 肌 効果 メリット デメリット 使い方

幹細胞美容液は、年齢肌に伴うこのような肌悩みに効果的です。

  • 保湿してもすぐにまた乾燥肌になる
  • 肌のハリがなくなってきた
  • 目元や口元のシワが気になる
  • ほうれい線がくっきりしてきた
  • 頬のたるみ毛穴が気になる
  • 以前よりもくすんできた
  • 人から『疲れてる?』とよく言われる

このような年齢肌による肌悩み対策は、従来のような与えるだけのスキンケアを行なっても、根本から改善されることはありません。

与えるだけのスキンケアは所詮その場しのぎでしかなく、年齢肌の悩みを本気で改善するためには、もっと根本的な『老化』という原因に対して真剣に向き合う必要がありそうです。
また、年齢肌対策を何もせずに過ごしていると、肌の奥では日々刻々と肌老化が進み、気付いた時には取り返しがつかない深刻な状況になってしまうこともあります。

そうなる前に、最先端のアンチエイジングコスメ『幹細胞美容液』で、年齢肌対策をはじめるのは賢いことだと言えるでしょう。
幹細胞美容液は、従来のスキンケアとは一線を画し、もっと根本的なアンチエイジング効果が期待できる素晴らしいコスメと言えそうです。

植物幹細胞とヒト幹細胞の違いとは?

幹細胞美容液 肌 効果 メリット デメリット 使い方

幹細胞美容液に配合されている美容液には、大きく分けて『植物幹細胞』と『ヒト幹細胞』に分かれます。
この2つはどちらも幹細胞美容液ですが、肌へアプローチの仕方は全くといっていいほど異なります。

植物幹細胞美容液とは、植物由来の幹細胞から抽出したエッセンスを配合した美容液のこと。主に『リンゴ幹細胞』や『アルガンツリー幹細胞』など、植物由来の幹細胞が配合されています。

そして、ヒト幹細胞とはヒト由来の幹細胞のこと。ヒト幹細胞美容液は、ヒト幹細胞そのものではなく、人間の脂肪細胞から採取した幹細胞を培養し、培養する際に分泌した分泌液(細胞培養液)を配合した美容液のことです。

アンチエイジング効果が高いのは、ヒト幹細胞美容液。

その理由は、植物幹細胞とヒト幹細胞では、同じ『幹細胞』でも肌への作用の仕方が異なるから。
後にその理由を詳しく説明しますが、ヒト幹細胞のグロースファクター(成長因子)は活性して働くのに対し、植物幹細胞のグロースファクターは活性しないため、本来の成長因子としての効果がそこまで期待できません。

これが、植物幹細胞とヒト幹細胞の効果を左右する決定的な違いです。実際に、ヒト幹細胞美容液と植物性幹細胞美容液を比べると、ヒト幹細胞美容液の方が効果的だと言われています。

ヒト幹細胞美容液は、加齢とともに減っていくコラーゲン生成量を増やしたり、加齢とともに鈍っていくターンオーバーサイクルを正常化したりという働きをします。
これは、本来の幹細胞美容液としての『肌の再生機能を高めるような効果』が期待できますが、植物幹細胞美容液にはそういった効果が期待できません。

ヒト幹細胞美容液と植物性幹細胞美容液は、この2つは全く別物と考えた方がよいでしょう。だからといって、植物幹細胞美容液を使っても何の効果もないわけではありません。

4ヶ月間そのまま放置しても腐らない奇跡のリンゴが持つ強力な抗酸化作用や、過酷な環境で育つアルガンツリーの強力な抗酸化作用といった、美肌に効果的なたくさんの効果の恩恵を受けることができます。

ただ、よく『再生効果』などとうたわれているようなアンチエイジング効果は、植物性幹細胞美容液ではそれほど期待できません。そういった効果を期待するなら、植物幹細胞美容液よりもヒト幹細胞美容液の方がおすすめと言えるでしょう。

幹細胞培養液とは?

ヒト幹細胞美容液に用いられているのは、実はヒト幹細胞そのものではありません。

ヒト幹細胞そのものの化粧品への配合は、倫理上の問題や遺伝子の問題などの理由により、日本では認められていません。
また、化粧品へ配合するためには高温の加熱処理をする必要があり、そうなると組織の再生に重要なタンパク質がほとんど破壊してしまいます。ですので、ヒト幹細胞そのものではなく、培養液を使っているとも言えます。

幹細胞培養液とは、人の脂肪細胞から採取した脂肪幹細胞を培養する際に分泌される分泌液のこと。この分泌液には、幹細胞が分裂や増殖を繰り返す時に分泌した、組織再生のために重要な500種類以上のタンパク質成分が詰まっています。

幹細胞培養液のアンチエイジング効果とは?

幹細胞培養液には、組織の自己再生に必要なグロースファクター(成長因子)が豊富に含まれています。

年齢肌でコラーゲンが減ってしまったり、ターンオーバーサイクルが停滞してしまう理由は、若い頃よりもグロースファクター(成長因子)が減ってくるから。そんなグロースファクターを増やし、自己再生能力の向上を期待できるのが幹細胞培養液です。

幹細胞培養液の代表的なものは、EGF(表皮細胞増殖因子)とFGF(繊維芽細胞成長因子)。

EGFは、表皮細胞を増殖し細胞分裂を活性化することにより、衰えかけたターンオーバーサイクルを整える効果があります。

FGFはコラーゲンを生み出す母細胞である繊維芽細胞を増やし、ハリや弾力を取り戻す効果が期待できます。

美容液に使われる幹細胞の種類はいくつ?

幹細胞の種類は主に3つ

幹細胞美容液 肌 効果 メリット デメリット 使い方

幹細胞の種類は主に3つに分けられます。

  • ヒト幹細胞

ヒト幹細胞は人間から採取された幹細胞のこと。化粧品に使われているのはヒト幹細胞そのものではなく、人間の脂肪から採取した幹細胞を培養する際に分泌される幹細胞培養液です。

脂肪幹細胞は簡単にたくさん採取でき、化粧品に配合しやすいため、脂肪幹細胞が使われています。

3つの中で、最もアンチエイジング効果が高いのがヒト幹細胞。その理由は、ちゃんと活性するからです。

幹細胞には鍵と鍵穴のようなものがあり、鍵穴のことをレセプター、鍵のことをリガンドといいます。この鍵と鍵穴がぴったりはまることにより、エンジンがかかり活性します。

つまり、このエンジンがかからなければ、成長因子本来の働きができません。この鍵と鍵穴の仕組みは動物にしか存在しないため、植物幹細胞よりも動物性幹細胞やヒト幹細胞の方がアンチエイジング効果が高くなります。

  • 動物性幹細胞

動物性幹細胞は、化粧品では羊の毛根や羊のプラセンタが使われているようですが、日本にはほとんど流通していません。

  • 植物幹細胞

植物幹細胞はには鍵と鍵穴(レセプターとリガンド)が存在しません。

そして、グロースファクターが含まれていても、それ自体は活性しないため幹細胞としての本来の働きができません。ですが、その植物成分が持つ他の作用、たとえば抗酸化作用などの効果はあるので、そちらの効果を期待して使う方が良いでしょう。

植物幹細胞のメリットとデメリット

植物幹細胞のメリットは、他の種類の幹細胞美容液よりも価格が安くリーズナブルなこと。お財布のことを考えると、植物幹細胞はメリットだと言えるでしょう。

逆にデメリットは、他の幹細胞美容液よりも効果が低いこと。アンチエイジングに対する本気度がまあまあで、とりあえず気軽に幹細胞美容液を使ってみたいという方におすすめです。

ヒト幹細胞のメリットとデメリット

ヒト幹細胞美容液のメリットは、年齢肌の肌悩みに対するアンチエイジング効果が高いことです。

デメリットは値段が高いこと。高いお金をかけてでも、本気でアンチエイジングしたいという方におすすめです。

幹細胞美容液を使う時の注意点は?

幹細胞美容液 肌 効果 メリット デメリット 使い方

毎日朝晩、欠かさず使う

幹細胞美容液は、年齢肌の肌悩みを根本的にケアするためのアンチエイジング美容液。幹細胞美容液に配合されているグロースファクターを効果的に働かせるためには、朝晩2回毎日欠かさず使うことが大切です。

清潔な肌に浸透させる

幹細胞美容液に配合されているグロースファクターは、肌の奥の方で働きエイジングケアする成分。

EGF(表皮細胞増殖因子)は、表皮の細胞分裂が行われる基底層に働きかける成分。基底層は表皮層の中でも一番奥の層です。

FGF(繊維芽細胞成長因子)は、繊維芽細胞がある真皮に働きかける成分。基底層よりももっと奥に存在しています。

つまり、幹細胞美容液の効果を実感するためには、肌の奥の奥まで浸透させることが大切。そのためには、しっかりと洗顔した後の清潔な肌に使うことが重要です。

肌トラブルの心配は特になし

ヒト幹細胞培養液は、特に刺激のある成分ではありません。ヒト由来でもともと自分にも備わっているものなので、拒絶反応は起きにくいです。

植物性幹細胞は、最も安全性が高いと言われています。肌トラブルの心配は特にないでしょう。

また、動物性幹細胞の幹細胞美容液は、人によってはまれにアレルギー反応が起きることがあるようですが、日本にはほとんど流通していません。
もし、幹細胞美容液を使って肌トラブルが起きたなら、その場合は幹細胞培養液以外のその他配合成分によるアレルギー反応の可能性があります。

商品購入前に、必ず全成分一覧表にてチェックし、肌トラブルを未然に防ぐようにしましょう。

幹細胞美容液のオススメセレクト

シグナリフト

女性医師の96.3%がリピートしたいと大絶賛!再生医療センターが開発した新成分配合のヒト幹細胞美容液が初回半額で購入できます。

定価:10,800円

シグナリフトのお得な購入方法と価格比較はこちら

幹細胞美容液 肌 効果 メリット デメリット 使い方

DEAGAIA ナイトリペアエッセンス

リピート率87.9%・シリーズ累計生産数10万個突破!人気のヒト幹細胞美容液が、30日間返金保証付きでお試しできます。

定価:12,000円

幹細胞美容液 肌 効果 メリット デメリット 使い方

スキンフェアリー

奇跡のリンゴ幹細胞『ウトビラー・スパトラウバー』配合の幹細胞美容液が割引価格でお手頃に!14日間返金保証付きです。

定価:9,240円

幹細胞美容液 肌 効果 メリット デメリット 使い方