ネムリスは満足度1位の快眠サプリ、先着限定で86%割引の公式サイトがお得でオススメ。

ネムリスの高い休息実感率92.8%のヒミツは、『ラフマ』という特許成分。
『他の睡眠サプリでは実感できなかった』『薬は飲みたくない』という方にオススメです。成分・飲み方・睡眠薬との違い・副作用などを詳しく紹介します。

ネムリス ラフマ成分がポイント!睡眠サプリの飲み方とは

ネムリスの最安値比較はこちら

ネムリスの成分・ラフマとは?

特許成分ラフマ葉エキスとは?

ネムリス ラフマ 成分 睡眠サプリ 飲み方 効果

ラフマとは、中国北西部から中央アジアにかけて広く分布し自生する、キョウチクトウ科の植物です。ラフマの葉は中国では1800年も昔から、精神を癒す生薬・気持ちを落ち着かせる民間薬として使われてきました。

ラフマ葉エキスはラフマの葉から抽出したエキスで、ラフマ葉抽出物とも呼ばれます。昔はラフマ葉を水やお湯で抽出していましたが、近年ではもっと有効成分を十分に抽出できるよう改良され、特殊製法で抽出し凝縮したラフマ葉エキスが睡眠サプリなどに使用されています。

ラフマ葉エキスの効果

ネムリス ラフマ 成分 睡眠サプリ 飲み方 効果

ラフマ葉エキスには、大きく分けて次の4つの効果があります。

セロトニンを増やす効果

セロトニンとは別名『幸せホルモン』と呼ばれる脳内ホルモンで、精神の安定や睡眠に深く関わっている神経伝達物質です。セロトニンが不足すると、気分が落ち込みやすくなったり、内臓の働きや代謝が低下します。

セロトニンは精神の安定のためにとても重要な物質ですが、強いストレスがかかると分泌量が低下し不安やうつ傾向になります。ラフマ葉エキスにはセロトニンを増やす効果があり、うつ症状の改善効果が期待できると言われています。

メラトニンを増やす効果

メラトニンとは別名『睡眠ホルモン』とも呼ばれる、よい睡眠のための必須ホルモンです。メラトニンが不足すると夜眠れなかったり、疲れが取れないなどの症状が出てきます。

朝起きてから14時間から16時間かけて少しずつメラトニンが分泌し、夜になると自然と眠くなるというのが1日の正常な生活リズムです。

メラトニンが不足すると生活リズムのバランスが崩れ、不眠になったり睡眠のリズムが乱れてしまいます。メラトニンは睡眠にとても重要なホルモンですが、そんなメラトニンの材料となるのがセロトニンです。

前述のように、ラフマ葉エキスを摂取するとセロトニンが増えますが、その結果メラトニンも増えて睡眠バランスが整い、不眠の悩みが緩和されるという仕組みになっています。

GABA(ギャバ)受容体の働きを活発化する効果

脳の神経細胞にあるGABA(ギャバ)には、興奮や緊張を鎮めて心を落ち着かせる働きがあります。神経が興奮したり緊張したりして眠れない時は、GABA不足かもしくは脳内のGABAがきちんと働いていないのが原因の可能性があります。

ラフマ葉エキス摂取するとGABA受容体が活性化し、脳内のGABAが効率よく働きます。また、GABAとラフマ葉エキスを一緒に摂取することで相乗効果が高まり、精神安定作用に効果的だと言われています。

抗うつ作用が強く副作用がない

不眠とうつには密接な関係があるため、うつを改善すれば睡眠の質が良くなることが考えられます。ラフマ葉エキスの良い点は、副作用がないのに精神安定効果が高いところです。

薬ではなくサプリメントによく配合される成分ですが、精神科医の検証によると、睡眠薬と同等かそれ以上の効果があると言われています。副作用がなく安全な成分のため、睡眠薬を飲み過ぎた患者の症状を減らすために、ラフマ葉エキスのサプリを処方する医師もいるそう。
効果がないから医薬品というのではなく、効果は高いが副作用のリスクがないという理由でサプリメント扱いになっていると言っても過言ではない成分です。

精神安定のサプリによく使われるのは、セントジョーンズワートという成分が有名ですが、頭痛や吐き気などの副作用や、薬の飲み合わせが難しいという欠点があります。ラフマ葉エキスはセントジョーンズワートの30倍以上もの精神安定効果があるうえ、副作用がないという点で注目を集めています。

その他の快眠サポート成分

  • テアニン

テアニンとは、お茶に含まれる旨味成分。

玉露や抹茶などの高級なお茶ほどテアニン量が多く、お茶が美味しいなと思うのはテアニンの効果だと言われています。テアニンには睡眠の質を改善する効果があり、よく眠れたという満足感・就寝してから眠りにつくまでの時間の短さ・睡眠持続時間の長さ・疲労感の回復などの効果があります。

また、テアニンを摂取するとα波が出るためリラックスでき、気分を落ち着かせる効果があります。

  • クワンソウ

クワンソウは昔から沖縄・石垣島・宮古島で食べられている伝統野菜。

これらの地域では、昔から眠れないときに食べる『眠り草』として親しまれ、子どもの夜泣きや眠れないときなどの民間療法としてもよく食べられていました。クワンソウの睡眠効果が科学的に実証されたのはごく最近のことで、クワンソウには睡眠に関係する『オキシピナタニン』という特殊なアミノ酸が極めて多量に含まれていることがわかりました。

オキシピナタニンの睡眠効果を実証する琉球大学でのマウス実験では、クワンソウの粉末を餌に混ぜて食べさせたところ、熟睡している時間が1.5倍も伸びたといいます。また、いつもは激しく動き回るマウスですが、クワンソウを与えてから6時間は約6割ほどの動きしかしなかったと報告されています。

これらの実験により、クワンソウに含まれるオキシピナタニンには、心身をリラックスさせる鎮静効果と睡眠効果があることが認められています。

  • メリッサエキス

メリッサの通称はレモンバーム。

シソ科の多年草のハーブで、原産は東地中海地方ですが、世界中で育てられているポピュラーな植物です。ハーブティーとして利用されることが多く、葉からレモンの香りが漂いますが酸味はなく、ミント系のスッキリした味です。

最近では睡眠サプリなどにもよく配合されています。メリッサには自然の精神安定剤と呼ばれるβ-カリオフィレンが含まれ、イライラ・緊張・パニックを落ち着かせる鎮静作用があります。

また、抗うつ作用や抗不安作用もあり、気分が滅入ったり不安な時などには気分を前向きにさせる効果もあります。寝る前に嫌な事が頭から離れなかったり心配事で眠れない時など、精神の不安定からくる不眠症の緩和に効果的です。

ストレスが軽減され、自律神経失調症による不安・緊張・めまい・頭痛・耳鳴り・食欲異常などの症状も緩和されると言われています。

  • 月見草

月見草は、古くからアメリカ先住民の食料や薬草として用いられてきた植物で、キズ・捻挫・火傷・胃腸炎・咽頭炎などの治療に利用されていました。また、インド発祥の伝統医療アーユルヴェーダでは、月見草の種子から採れるオイルを『脳のための精油』とし、神経系疾患や女性の生理機能疾患の治療に使用しています。

  • グリシン

グリシンとは、タンパク質を構成するアミノ酸の一種。

体内合成が可能な非必須アミノ酸で、睡眠効果に深く関わることで知られています。グリシンは体内合成できるため、不足することはあまりないとされていますが、もし不足すると不眠症になりやすくなります。

ゼラチン・牛すじ・豚足など、コラーゲン豊富な食品や、ホタテ・エビ・カニなどの旨味成分として貝類や甲殻類に多く含まれる成分です。これらの食品をあまり食べなかったり食生活が乱れがちな人で、寝付きが悪い・眠りが浅いなどの症状があるならグリシン不足かもしれません。

グリシンには血管を広げる効果があり、血流量が上がり体表温度を上昇させた後、体内の温度を一気に降下させる作用があります。

体温が下がるとすっと眠りに入れるため、寝入りからすぐに深い睡眠であるレム睡眠に到達します。浅い睡眠であるノンレム睡眠とのリズムも整い、睡眠中に起きてしまうことが少なくなりるため、グリシン不足の人は摂取するとぐっすり眠ることができるようになります。

また、グリシンは脳内ホルモンであるセロトニンを増加させる作用もあることから、抗うつ効果もあると言われています。

  • GABA

GABA(ギャバ)とはアミノ酸の一種。

アミノ酸と聞くとタンパク質というイメージですが、GABAは違い、主に脳や脊髄で『抑制性の神経伝達物質』として働きます。興奮を鎮めたりリラックス効果が注目されている成分です。

イライラ・情緒不安定・不眠・ストレスを感じやすい・自律神経失調症などが続いている人は、GABA不足の可能性もあります。また、GABAは睡眠にも深く関係しています。

強いストレスがかかり興奮状態になると、寝つきが悪くなり睡眠の実が下がりますが、GABAを摂取すると興奮状態を抑えることができ、すっと入眠しやすくなります。それにより、睡眠の質もよくなり睡眠改善効果があります。

  • トリプトファン

トリプトファンとは、セロトニンの材料となる成分。

セロトニンとは別名『幸せホルモン』と呼ばれる脳内ホルモンのこと。セロトニンは脳内で作られますが、その材料として必要なのが『トリプトファン』。トリプトファンは必須アミノ酸のため体内では合成できず、食事から摂取しなければならない成分です。

きちんと摂取しないと体内から不足し、結果的にセロトニンまで不足させ、精神的に不安定になったり睡眠障害を引き起こします。トリプトファンが多く含まれる食材は、豆腐・納豆・味噌・しょうゆなどの大豆製品、チーズ・牛乳・ヨーグルトなどの乳製品、米などの穀類。ゴマ・ピーナッツ・卵・バナナにも含まれています。

これらの食品が不足しがちな人は、サプリメントで補充するのがおすすめです。

  • ビタミンC

ビタミンCは美容のためのビタミンだと思われがちですが、実は良質な睡眠のためにも重要な栄養素です。ビタミンCには抗酸化作用・免疫力の向上・抗ストレスホルモンのコルチゾールの生成などの役割があり、不眠症の原因となるストレスを軽減する効果があります。

1日に必要なビタミンC摂取量は100gと言われていますが、これは健康を維持するために最低限必要な摂取量目安。これはビタミンC不足による壊血病を防ぐために必要な数値で、実際に健康的な日々を過ごすためには800mgから1000mg、美容のためには2000mgから5000mgほどの量が必要だと言われています。

ビタミンCはストレスや喫煙で大量に消費され、強いストレスがかかると一気に300mg、ヘビースモーカーの方は喫煙だけで1日1000mg以上のビタミンCを失っています。また、風邪を引いた時にもビタミンCが大量に消費され、ガンなどの重篤な病気のでは1日10000mg以上のビタミンCが必要だと言われています。

外食やインスタント食品などもビタミンCが消耗されます。今のストレス社会と食品添加物が多い環境によりビタミンC不足に陥っている人は多く、専門家の間では1日のビタミンC摂取量の推奨量は1000mgから2000mgとされています。ですが、実際にはこれだけ大量のビタミンCを食事から摂取するのは難しく、不足分をサプリメントで補うのがおすすめです。

  • ビタミンB6

ビタミンB6は、トリプトファンからセロトニンを作る時に必要なビタミン。

トリプトファンだけではセロトニンを作ることができません。セロトニンが増えると精神が安定して幸福感が高まるうえ、睡眠ホルモンであるメラトニンも増えて睡眠の質が高まります。

ビタミンB6は脂質代謝に必要なビタミンとして、サプリメントにもよく配合されています。

  • ビタミンB12

ビタミンB12は『神経のビタミン』とも呼ばれるビタミンで、神経の働きを正常に保つ役割があります。

不足すると自律神経のバランスが崩れ、手足がしびれたり、集中力が低下したり、うつ病や不眠の症状が出やすくなります。また、強いストレスによりビタミンB12が大量に消費されることがあるため、積極的に摂取したいビタミンです。

ビタミンB12は動物性タンパク質に多く含まれており、ダイエットで動物性タンパク質を控えている人などに不足しやすいです。

  • ナイアシン

ナイアシンとは、ビタミンB3とも呼ばれるビタミンB群の一種。

ナイアシンという名は、正式名称の『ニコチン酸ビタミン』の英語の頭文字をとった名前ですが、有害物質であるタバコのニコチンとの混同を防ぐために『ナイアシン』と呼ばれています。ナイアシンは、神経伝達物質の一種で天然の精神安定剤ともいわれる『セロトニン』の効果を上げ、精神を安定させるために必要なビタミンです。

セロトニンは睡眠ホルモンである『メラトニン』合成するために必要なホルモンで、睡眠改善には欠かせません。ナイアシンもよい睡眠のために大切な成分の1つです。

ネムリスは飲み方が重要?タイミングは?

おやすみ前に6粒の飲み方が効果的

ネムリス ラフマ 成分 睡眠サプリ 飲み方 効果

ネムリスは快眠サポートのための栄養成分がバランスよく配合されたサプリメント。飲み方のタイミングは、おやすみ前に6粒飲む飲み方が一番効果的です。

1日6粒で質の良い睡眠に効果的な成分が摂取できるため、この量を寝る前にまとめて飲むのがおすすめ。『翌日スッキリと起きれた』という感想が最も多いのが、この飲み方を毎日続けた人です。

日中は仕事などで緊張状態が続く人、とにかく睡眠をなんとかしたいという人は、この飲み方がおすすめです。

朝と夜に3粒ずつの飲み方

ネムリスを朝と夜に3粒ずつに分けて飲み方で、睡眠効果を実感している人もいます。

朝飲むことで日中のストレスを和らげ、夜飲むことで寝る前にリラックスできるため、バランスのよい飲み方と言えます。普段から気分が落ち込みやすい人で、不眠の悩みも抱えている人は、この飲み方もおすすめです。

朝起きてから6粒の飲み方

朝起きてからまとめて6粒飲む飲み方もあります。1日をリラックスして過ごしたい日は、朝まとめて飲むことで気分が落ち着く効果があります。

日中の気分の落ち込み・不安・イライラなどの感情が和らげば、それだけで睡眠の質が良くなることもあります。色々な飲み方や飲むタイミングなどを試してみて、自分に一番合う飲み方を見つけましょう。

効果が出ないNGな飲み方は?

量を少なくする飲み方はNG

ネムリス ラフマ 成分 睡眠サプリ 飲み方 効果

ネムリスは1日6粒で効果を発揮する睡眠サポートサプリメント。6粒の中に快眠のために必要な1日分の栄養が詰まっているため、1日6粒以下に減らすと効果が下がってしまいます。

1度にまとめて6粒飲んでも、朝夜で3粒ずつ分けて飲んでもよいですが、1日に合計6粒飲む飲み方を守りましょう。

毎日継続しない飲み方はNG

ネムリスは、毎日継続することによりだんだん効果を実感できるサプリメントです。

寝付けない日だけ単発で飲むよりも、毎日継続する飲み方の方が質のよい眠りが安定します。副作用がない成分でできているので、安心して継続してみましょう。

睡眠サプリと睡眠薬の違いは何?

睡眠サプリと睡眠薬の決定的な違いとは?

ネムリス ラフマ 成分 睡眠サプリ 飲み方 効果

睡眠サプリも睡眠薬も、どちらも不眠の悩みを改善するためのもので、どちらも効果があります。両者の決定的な違いは、即効性と副作用です。

睡眠薬は薬なので即効性がありますが、あくまで対処療法であり根本治療にはなりません。

それに対し、睡眠サプリは不足している栄養を補うため、即効性はありませんが、合うものに巡り会えれば根本的に改善される可能性もあります。また、この2つの大きな違いは、成分がどのように働いて不眠の悩みを和らげるのかという点です。

睡眠薬のメリットとデメリット

睡眠薬とは、配合成分が直接脳に作用するもの。飲めば一気に眠気が出てきて眠ることができます。ずっと不眠に悩まされている人には救世主と言えるかもしれません。

睡眠薬のメリットは、まさにこの即効性。そして、デメリットは副作用です。

睡眠薬は脳の働きを鈍くすることにより興奮を抑えて眠れるようにするものですが、体の中から抜けにくく、ふらつきや集中力の低下を引き起こす点です。また、もう1つのデメリットとして根本改善にはならないという点です。

頭痛薬で頭痛を抑えるのと同じで、睡眠薬は今の不眠を抑えるだけであり、不眠の原因を解決するわけではありません。

睡眠サプリのメリットとデメリット

睡眠サプリとは、睡眠薬と違い、成分を一旦体へ吸収してから脳へ送られるシステムです。

睡眠サプリのメリットは、睡眠のための栄養不足を補うものであるため、自分に合うものに巡り会えれば根本改善の可能性がある点です。実際に、ネムリスにも配合されているラフマ葉エキスで根本改善している人も多く、精神科医も注目している成分です。

また、睡眠薬のように副作用がないこともメリットと言えます。睡眠サプリのデメリットは、睡眠薬のような即効性がないことです。どうしても今すぐ効かないと困るという人は、睡眠薬の方が効果的です。

ネムリスで副作用が出るケースはある?

副作用の心配はない

ネムリスは薬ではなくサプリメントなので、副作用の心配はありません。

睡眠薬は脳へ直接作用するため、ボーッとしたりふらついたりするという副作用がありますが、ネムリスはサプリメントなのでそのような副作用はありません。アレルギー物質は含まれていませんが、食品アレルギーがある方は念のため注意しながら飲みましょう。

ネムリスのお得なキャンペーン!

数量限定!86%の特別割引!

ネムリスは公式サイトの定期コースで購入すると、初回86%割引980円。2回目以降はずっと30%割引4,900円で購入できます。

ネムリスの特別割引は、定期コース4回継続が条件となります。

ネムリス ラフマ 成分 睡眠サプリ 飲み方 効果